みらいの金鉱株投資へようこそ

スポンサーリンク
コロナショック時の金鉱株のパフォーマンス
金鉱株と米国10年債利回りの関係
バフェット氏が買ったカナダ金鉱株「バリック・ゴールド」を米最大手と比較する
ブラックロック・ゴールド・ファンドの特徴と保有期間リターン
金鉱株と金(ゴールド)のどちらに投資するかの判断基準
ディレクション・デイリー・ゴールド・マイナーズ・ベア2倍(DUST)の特徴と保有期間リターン
ディレクション・デイリー・ゴールド・マイナーズ・ブル2倍(NUGT)の特徴と保有期間リターン
日本でも取引できる金鉱株ETF
金鉱株インデックス(Arca Gold Miners Index)の1993年以降のパフォーマンスの評価
2009年以降の金鉱株ETFのパフォーマンスを比較する

記事の絞り込み検索はこちら

スポンサーリンク

なぜ金鉱株?純金投資(ゴールド)との違いは?

★ゴールドより金鉱株を選ぶメリット

  • 短期的に大きなリターンを期待できる
  • 配当金を期待できる
  • ポートフォリオの分散投資効果がある

2020年8月現在、ゴールドの価格(金価格)は過去最高値を更新するなど、人気が高まっています。2020年3月以降に始まった世界各国の中央銀行の金融緩和と、未だコロナウイルスの感染拡大が収まらずに、混沌としているのも原因の1つです。

ゴールドの価格上昇の恩恵を受ける方法の1つに金鉱株を買うことが挙げられます。金鉱株は主にゴールドやその他貴金属の鉱山を保有し、採掘や精錬に関わる企業のことです。ゴールドの価格変動に合わせて株価が動きやすいのが特徴で、「ゴールドにレバレッジをかけた商品」と形容されることもあります。

金鉱株と金(ゴールド)のどちらに投資するかの判断基準
金鉱株とゴールドをどのように保有するのが儲かるかを、1993年以降の金鉱株と金(ゴールド)の価格推移から求めたので紹介します。先に概要だけ紹介すると以下の通りです。 ★金鉱株とゴールドのどちらを加えるか? 運用期間2年以...

以下は2020年3月以降の金鉱株とゴールドの価格変動を比較したものです。

2020年3月以降の3つの金鉱株ETFのパフォーマンスを比較

金鉱株はゴールドと異なり、企業価値が上昇することで株価が上がったり、配当として株主に還元されたりする点も挙げられます。

米投資会社を運営するウォーレン・バフェット氏は「ゴールドは価値を生まない」ことから、ゴールドには否定的な見解を示していました。しかし、2020年8月になって、金鉱株を取引していたことが発表され、「金鉱株の企業価値が上がれば株価も上昇する」と考えて取引したのでは?と言われています。

金鉱株の買い方

ゴールドの産出量の多い国として、中国・オーストラリア・ロシア・米国・カナダが挙げられます。このうち、市場的にアクセスしやすいのは米国であり、米国株(および米国に上場するADR銘柄)を中心に投資できます。

金の産出量の多い国
順位国名産出量(t)
1中華人民共和国(中国)401
2オーストラリア315
3ロシア311
4アメリカ合衆国(米国)226
5カナダ185
6ペルー143
7インドネシア135
8ガーナ127
9メキシコ,南アフリカ共和国117

(単位:トン 出典:U.S. Geological Survey – Mineral commodity summaries, January 2020, Gold – World Mine Production and Reserves(2018)

投資方法は?

SBI証券や楽天証券、マネックス証券などのネット証券を通じて世界中の金鉱株に投資できます。投資信託やETFを利用するのが簡単です。

主な金鉱株

★世界の代表的な金鉱株

金鉱株は主に米国株取引を通じて売買します。米国以外の企業(例えば、ハーモニーゴールドやアングロゴールドアシャンティ)もADR銘柄として米国に上場しており、個人でも取引できます。

バフェット氏が購入したカナダの産金企業(バリック・ゴールド)なども米国株取引を通じて売買できます。

バフェット氏が買ったカナダ金鉱株「バリック・ゴールド」を米最大手と比較する

金鉱株に投資する主なETF・投資信託

日本でも投資できる金鉱株ETFは10種類ほどあり、ネット証券等で利用しやすい商品は4種類です。また、ブラックロック・ゴールド・ファンドは日本円で投資できる金鉱株関連の投資信託です。

投資上の留意点

金鉱株の値動きは大きいことが挙げられます。1993年以降、-70%以上の下落を3回経験しており、長期にわたって低迷しやすい傾向があります。

金鉱株は「ギアリング効果」のためボラティリティが大きい

金鉱株はエッセンス的に加えるものです。資産形成の本命は先進国株式など、他の資産を選んだほうが良いかもしれませんね。

将来の金鉱株

もしもゴールドやプラチナを含む希少資源が供給不足になった場合、「都市鉱山」からのリサイクルが求められるはずです。以下では関連する話題を紹介します。