2020年3月以降の金鉱株ETFのパフォーマンスを比較する

スポンサーリンク
3. ETF・投資信託活用

2020年3月以降の金鉱株ETFのパフォーマンスを比較しました。対象としたETFは3つの金鉱株ETFと1つのゴールド連動ETFです。

2020年3月以降の3つの金鉱株ETFのパフォーマンスを比較

2020年3月から7月までの4か月間で、もっとも値を上げたのはNUGTです。NUGTはレバレッジがかかっているので当然っちゃ当然の結果です。

GDXとGDXJ(中小型株)では、GDXJのほうが高いパフォーマンスを発揮しました。小型株ならではのボラティリティが出た結果ですね。

一方、下落率で比較すると以下のようになります。

2020年3月以降の3つの金鉱株ETFの下落率を比較

NUGTはレバレッジがかかっている分、下落率も高めです。この4か月間で-25%までの下落イベントが2回ありました。一方、意外にも下落率が大きいのがGDXで、2020年5月後半からの下落では、GDXJよりも大きく値を落としています。

下落率のグラフは、金鉱株が「ゴールドの価格にレバレッジをかけたもの」と言われる由縁を示しているように感じます。例えば、4月17日や5月1日、6月5日の下落がそれです。

歴史的には、金鉱株インデックスの価格がゴールドのパフォーマンスに劣る場面もありました。しかし、2020年3月以降の相場を見る限りでは、金鉱株はゴールド以上に高いパフォーマンスを発揮しています。現在のような、低金利 + 低インフレ率な状況だからこその成績かもしれませんね。